ダニが発生する原因

ダニがはびこる原因には3つのものが考えられ、その全部がそろってしまうと、大量発生するのです。

まず隠れる場所があるということと、えさがあるということ、そして部屋の温度が20〜30度、湿度が60〜80度ということが条件です。特に高温多湿のときは、ダニが大量発生しやすくなります。

またダニはカビも食べるので、えさを増やさないためにも、カビを作らないように気をつけましょう。掃除ができていなかったり、部屋の換気も悪かったり、それから畳の上にカーペットなどを重ね敷きしていたりすると、ダニにとっては大変住み心地いい場所ができてしまい、大量発生してしまうのです。

ダニが食べそうな食べ物の食べこぼしを放っておいたり、動物が室内にいたり、また加湿器の過剰使用などで湿度が必要以上に高かったりすると、ダニが発生しやすくなります。

部屋をいつもきれいにしておかないと、ダニの中でホコリや人の垢、フケなどをえさにするものが発生してしまいます。

従来では夏場がダニの繁殖シーズンでしたが、近年では冬場でも室内を高温に保つ家庭が増えこと、高気密、高断熱の住宅が多くなったなどの家屋環境の変化により、冬場でもダニが繁殖するケースが多くなっています。

ダニはどこにでもいるものと思って間違いありませんが、特に夏の押入れが多いのです。冬の間使っていた布団などがホコリやフケなどがついたまましまうようなことになると、夏にそこでダニが大量発生してしまい、さらにダニのフンや死骸が残ってアレルゲンとなってしまうのです。

ですから、冬に使った布団をしまうときは、きれいに掃除機をかけて干しておいてからにしましょう。早め早めに手を打っておいて、ダニを大量に発生させないようにしたいものです。

お役立ちリンク集

話題のサプリメント特集

体のお悩み解決サプリメント

健康に役立つサプリメントの知識

知らないと損する医療費豆知識

おすすめショッピングサイト集

パンプス特集

ネット通販でお買い物 お米特集

全国の人気レジャーエリア おすめの宿&ホテル特集

HDDカーナビ特集

人気のワイン、国内外ブランドワイン特集

海老蔵着物特集

高級革製品のボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)特集