ダニがもたらす病気

アレルギーの元になるのだけがダニの害ではなく、他の病気や犬猫などのペットに病気をもたらすことがあるのです。

その中のひとつ疥癬(かいせん)という病気は、ヒセンダニと呼ばれるダニの一種が皮膚の角質層内に寄生して感染症を起こしてしまう病気です。その疥癬(かいせん)という病気の症状とは、とにかく激しいかゆみがあることで、布団の中で体が温まったときなどに痒くなるのです。

特徴として、赤い小さなぽつぽつ、しこり、がさがさが体や腕、脚などに見られることがあります。また細長い線状の発疹が体の柔らかい部分ばかりにできるのも特徴で、これは疥癬トンネルと呼ばれています。

やっかいなことに、疥癬(かいせん)という病気は主に人から人へ、肌の接触で移っていくのです。最近、老人ホームや寝たきりの患者さんから感染するという事例がが多くなっているようですが、これは寝具などを介して感染することが原因でしょう。

ダニがペットにもたらす病気にはバベシア症というものがあり、マダニによって媒介されるバベシアという原虫が、犬の赤血球に寄生する病気です。

バベシア症になると、犬は赤血球を破壊されるため、ひどい貧血におちいり、それがひどくなると歯茎や舌が白っぽくなり血の気が無くなったり、尿の色が赤くなってしまう、などの症状を現します。抵抗力の弱い幼犬や老犬では、死にいたることも決して少なくありません。

ダニに刺されることによって発症するバベシア症の予防としては、とにかくマダニに刺される可能性のありそうな山や草むらに犬を連れて行かないことです。

またノミ・ダニ予防用の首輪やスプレーなどを用いてダニから守ってあげたり、丹念にブラッシングしてダニがついていないことを確認してあげましょう。

お役立ちリンク集

話題のサプリメント特集

体のお悩み解決サプリメント

健康に役立つサプリメントの知識

知らないと損する医療費豆知識

おすすめショッピングサイト集

パンプス特集

ネット通販でお買い物 お米特集

全国の人気レジャーエリア おすめの宿&ホテル特集

HDDカーナビ特集

人気のワイン、国内外ブランドワイン特集

海老蔵着物特集

高級革製品のボッテガヴェネタ(BOTTEGA VENETA)特集